生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 13日

自分たちが悪い、小沢一郎氏のこれからを予想

昨日はコマネズミのように働いたので夜ぐっすり寝て、なんと6時間も寝てしまいました。もしかしたら風邪薬のせいで眠ったのかもしれませんが。
民主党は、昨日の茨城の県の選挙で惨敗。おばかさんの政党になってしまったのか、衆人環視のなかで次々に愚策を実行してるようにしか見えません。でもわたくし最近ていたらくのこの政治とそれを囲むマスメディアのひどさはわれわれ国民というかわれわれのような年代の責任と強く感じるようになってしまいました。彼等を責める気持ちがまったく失せてしまって、全部自分たちが悪いのだと思うようになってしまったのです。色々考えれば考えるほど、国民が悪い、特に自分のような年長者の国民が悪い、からこうなったと結論したくなるのです。いわゆる昭和20年の敗戦後の国民懺悔のような気持ちなのでしょうか。だから政治のことは正直あんまり考えたくない、ただ小沢氏がこれからどうなるのか、その一点に絞れば興味深い問題です。マスコミが大騒ぎするのはしかたないでしょう。
小沢氏の現状は彼の言葉をかりれば一兵卒ですが、信奉者も反対者も多いので、まだまだ影響力は大きい。しかし、例の検察審査会11人のせいで、強制起訴されるのは決まっているのでまもなく被告人になるはずです。本人は自分は無罪だとずっと主張していて、それに沿って行動している、ようです。それでどうなるかです。
まず深刻な病気になって政治的経歴は個人として終わってしまう。この確率は案外高い。これほどの精神的ストレスを受けたら病気にならないのが不思議です。これは彼のように自分がなったらと想像して言っているのですが。
病気にならなくても無罪であると主張しているのに、国民の80%が国会でもどこでもいいからちゃんと説明しろと言っているのですから、自分の主張と相手にしているはずの国民の乖離が激しすぎて、嫌気がさして国会議員をやめてしまう。この可能性は低いのですが、わたくしだったらと想像するとこれが2番目です。つまり重病か任に耐えず辞職、これらが最初に頭に浮かぶのです。
しかしご本人は意気軒昂のようにも見えます。空元気でなく、もしもほんとにそうなのだとすると、大マスコミ以外に自分を強く支持する人達がいるのだと、強く信じているのでしょう。そうなるとたぶんこのネットに多い支持者に向かってしか国民には向かない政治家として動くことになるのでしょうか。それと法律に背く気はなさそうなので、それと自分の後継者も作らないような政治家なので、個人として今後も活動するのでしょう。そうなると、強制力のあるもの以外には従わないという予想になります。ですから、強制力のない政倫審ですか、これは出ないでしょう。民主党の離党勧告にも従わないでしょう。しかし、除名にはしかたないので従うでしょう。
なんで説明しようとしないのか。そりゃお金は合法的に受け取っても、お金のつかいかたは正面切って説明できないようなことが沢山あるのでしょうね。彼の集めたお金と鳩山さんの個人資産で、経団連に支持された自民党とたたかったのですから。お金を稼ぐお父さん、というコンテクストで言えば、いまの民主党ではどぎつい表現で申し訳ありませんが、政治的な「父殺し」が進行中なのでしょう。それを岡田氏がやるというのが、そそのかすのがにやにや笑う仙石氏とすると、安手なシェークスピアですか。
刑事被告は逆説的ですが強いですね。被告になると時計が止まるので、裁判が終わるまで、これから何人か総理大臣が替わるのかもしれません。その間、ずっと一定の影響力を保ちながら小沢氏は政治人間としていきていくことになるのでしょう。こんな風に予想してみました。まあまったく当たらないでしょうが。
日本の国民は小沢一郎氏の無罪の主張を無視しているがゆえに、彼の呪いにかからないように気をつけないといけません。

by yanagidamitsuhiro | 2010-12-13 13:16


<< 子安観音うらの店舗の      忙しい日曜 >>