生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 06月 29日

さらなる有明珍味

この間の久留米の夜食べたものの追加。もう一つしておきたいです。
真ん中に見える長いしっぽみたいなもの。
めかじゃというらしい。
料理したものはこのしっぽみたいなものの中に入っている肉を食べる。貝の種類なのでしょうが、たしかイカみたいなものと聞いた記憶が残っている。
なんかすごく懐かしい子供の頃に楽しんだ食べ物という感じでした。
ネットを開けると、みどりしゃみせんがいというのだそうです。
今では海産物資源として残るのは有明海のみ。とありました。
うーん、貴重な経験だった。
さらに、この最後に残る広大な浅海、干潟の環境もまったく無意味な開発や、家庭工業廃水などの環境汚染によって瀕死の状態である。本種も食の上からも「幻」とならないよう願いたい。
ちょっと上から目線の記述ですが、でも本当に貴重な環境、いつまでも食べられたらいい。
わたくし、なんか5,6才の頃の味覚を思い出しました。

他の生き物ですが、たしかイソギンチャクです。どう食べたか、生食ではなく、揚げたような記憶ですが間違いかも。これも珍味珍味。いやはや有明海、すごいです。他に数種類の写真が残っていますが、このあたりでやめます。

c0075365_17141774.jpg


by yanagidamitsuhiro | 2016-06-29 17:27


<< 石垣白保で古代人骨が発見される      パッションフルーツとカニステル >>