生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 08月 14日 ( 1 )


2011年 08月 14日

躍動する日本サッカー

何日か前の出来事ですが、もちろん日韓戦みました。
東京の国立でなく札幌(でしたね)であったというのもなかなかいいのですが、この試合、時代の流れ目を見せる文字通り[画期的」なものでした。
とうてい日韓戦とは思えない、日本が相手を圧倒する試合運びで、こんな試合が韓国に対してできるのだ、その立役者が海外で活躍する本田とか香川たちで、海外組が違和感なしに日本代表を[代表」しているのが、またまた画期的でした。遠藤も国内組ですがいぶし銀のように要所要所を占めて、若手の海外組が躍動して試合を支配していました。
ともあれ日本のサッカーは変わった、と実感できる素晴らしい試合でした。
なでしこのワールドカップ優勝が関係があるかないか議論できるとも思えませんが、同じ日本人、女性が世界一になれるのなら、なぜ日本男子はなれないのか、という素朴な疑問と同時に自信のようなものもあったはずで、なでしこの優勝が重圧になるほど日本男子はまだ注目されてませんし、まず日韓戦でのこの躍動サッカーで次のステップを踏んで欲しい。
ザッケローニ監督の采配も次々にあたって、日本のやることでサッカー、これほどうまくいってるものは他にないでしょう。
わたくしもサッカーのことを考えると沢選手の顔や男子選手の何人もの顔にいつもザッケローニ監督の顔が思いだされていい気分になります。
日本中の多くの人たちがおなじような気分になるはずです。ところで、サッカー選手はいつのまにやら内田選手のように甘いフェースのアイドル風の若者もでてきてかつ攻撃性の高いので、英国のベッカムのような選手がでてくるような期待もあります。
まあこれからのグローバルな世界、世界の若者の人気者になろうとしたら、やはりサッカーがいちばんの近道ですし、そういうことをちゃんと分かってるスポーツ若者が日本でも増えているのは心強いです。日本のスポーツは例に始まって礼に終わると言われるように礼儀を重んじているので、相手を重んじつつ、勝負に勝てば、日本のサッカーが世界のトレンドになるのも夢ではないでしょう。
それに外国語の習得ですね。世界で生きるからには。GKの川島なんか外国語を巧みに使いこなしていますが、聞いたところでは5カ国語までやるとか。

by yanagidamitsuhiro | 2011-08-14 10:13