生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

東大医科研と朝日新聞のバトル、科学記者は司法記者になってはいけない

もう11月も終わりです。寒いけれども穏やかな天気です。
前から気になっていた、朝日と東大医科研とのあいだの「ワクチン臨床試験報道」なるものについての論争というかかなり激しいやりとりについてちょっと書きたくおもいます。東大医科研の所長の清水さん、朝日の記事には捏造があるとまで言っていますので、朝日はそれを撤回しなさいと見かけバトルは本格的です。しかし他紙が取り上げないように、どうも当事者にとっては真剣でも周囲はそこまではいかないのでしょう。わたくしも記事は読んでましたが、よく分からん、と言うのが正直なところで誰か冷静な第三者の解説が必要と思っていました。しかし、きょうは紙面に患者の会代表の方が、けんか両成敗とも受けとめられるような、意見を述べていました。第三者的にはこういう臨床試験に詳しい福島雅典さんが名前をだして意見を述べていますが、朝日寄りの、つまり患者の人権と安全を守ることがすべての上位にくるという意見で、朝日の記事はある程度福島さんの意見をバックに作っているかのような感もあります。しかし、ことがこじれているのはどうもそのあたりではなく、この中村祐輔医科研教授の野心的ながんペプチドワクチンの臨床試験についてかなり批判的な記事を朝日が書いたことからことは始まっているようです。つまりこれをすると消化管出血が起こることがある、症状として重篤と表現出来るような患者さんがいた、その情報を開示してないので、この臨床試験に協力している医師には批判というか、困るといってる人がいる、つまりかなりの難癖をつけた記事を書いたのでした。たぶん医科研は当初批判的な記事とはおもわないのでかなりの全面協力をしたのかもしれません(憶測です)ので、怒りも増すこう言うことでしょうか。
ところがこの批判者は匿名なのですね。それで批判者が誰かわからないかたちで記事が一人歩きしだして、患者はかなり大々的な記事なので不安におちいりこのような正規にまだなってない治験をやめるべきとかそういう圧力がかかりだしているのでしょうか(わたくしの憶測です)。記者が自分の全責任で批判すればまだしも、取材守秘義務をたてにどういう批判者かは分かりません。しかも社説で、ナチスの生体実験という非常に刺激的な言葉まで持ち出して、研究者の良心が問われるとまで書いたのですから、中村さんや関係者は烈火のように怒っていると(憶測です)と想像します。ナチスの表現は、患者に出血などの情報開示を前もってしなかったことについての責任追及としてでてきているのですが、どういう理由があれ刺激的過ぎます。こんな表現は最後の最後まで使わないことです。それで問題はこのような情報を同種のペプチドを使って臨床試験をしている他の施設につたえてないことは重大な瑕疵かと言うことです。
わたくしは混ぜ返すようですが、それじゃ伝えていたら、朝日はそれでいいとするのか、という疑問です。伝えるといったって、どんなクスリにもいわんや試験中のクスリですから副作用はあるに違いありません。伝えて、相手から,それじゃ試験をやめるべきかどうか聞かれたらどう返事をするのか。ともあれ伝えていたらいいというのでは、それで患者が守られているとはわたくしにまったく思えません。がんですから、多くの試験には危険を伴うし、ある患者に効いて、ある患者に効かないということもあるでしょう。
一番の問題は匿名の大学病院の関係者という批判者による記事づくりです。大学病院の医師が匿名の批判者として、試験治療でマスコミに意見をいうのはいいとは思えません。名前を出すべきです。そうでないと議論が出来ません。中村さんや清水さんや声明をだした癌学会の野田会長は権力を持っているから、怖いから批判意見は匿名でいうというのはよろしくない。朝日もそんな記事づくりを医療や科学記事で作ってはいけません。検事と司法記者みたいに都合のいい記事つくりをこう言う場面で匿名によって作ってはいけません。批判には勇気がいるのです。勇気のないひとはこういう記事づくりに参加してはいけない。福島さんは立派です。問題は記者さんたちの心にある人権感覚がずれていることです。それでこの問題は関係者が烈火のように怒り、関係の無いひとはしらっとして、試験治療をしている患者さんはどうしたものか記事をみて困ってしまう。事情を知らないわたくしがこれ以上意見をいうのは危険です。
大学病院というのは素晴らしい医療もあるが、一方で医院として体質的にもっとも危険なアクシデントがおきやすいところではないか。医療事故はしょっちゅうおきているし、事故とまでラベルを貼れないような出来事は非常に多い、というのは日本の大学病院の常識の一つとわたくしなんか、思ってしまっているのです。話が最後にそれてしまった見たいですが、大学の提供する試験治療、けっこう命がけのものが世界的にも多いのでしょうか。情報開示をすればいいのかな。それともそんな治療はやっていけないのか。世界標準でいまは動かないといけない時代なので、日本だけは違うというのはやはりまずいのでしょう。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-30 12:32
2010年 11月 29日

英語が圧倒するZ, 包丁で切るのが

沖縄知事選挙、3万票以上の差ですから10%にちかい大差でした。たぶん最後まで態度を決めかねたひとたちが現知事を支持したのでしょう。より現実的な現職にやってもらおうというところでしょうか。久しぶりにZにいきました。なんか満員。そういえば前回も満員で入れませんでした。きょうは外国人が多く、英語が日本語を圧倒する雰囲気。帰りにコーヒーを買いました。ここのところ留守番が続いています。妻が友人のYさんとスペイン旅行。楽しそうです。一行のメールがときたま来ます。今朝のはコルドバからでした。わたくしは食事つくりを楽しんでいます。簡単なものですが。包丁で切るのが楽しさの原点のようです。野菜を切るのには京セラの包丁がいい感じです。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-29 15:54
2010年 11月 28日

沖縄県知事選の投票結果

きょうは沖縄県知事の投票日です。結果にもちろん興味あります。
県民にとっても悩ましい投票で迷う人達も多いのではないでしょうか。投票率が低いのは関心が低いのでなく、どちらも投票しにくいのでしょう。しかし、民主党政権にたいする怒りは深いので、その点から予想することも可能です。一方で暮らしのことも考えるときに基地を外国にという候補者では大丈夫なのかという不安もあるでしょう。
深夜には結果判明ということですが、わたくしは現知事は苦しいかもしれない、と予想しました。もしも元宜野湾市長がなると、日本の政治のみならず国際政治におよぼす影響があるかもしれないとおもいます。

夜10時20分ですが、現知事の仲井真氏の当選確実のテロップをテレビで見ました。県民は,経済振興を唱えつつも、基地は県外へという現知事の方針に相対的な安心感を感じたのでしょうか

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-28 20:57
2010年 11月 28日

北朝鮮が水爆国家になったら、窮極の民意無視宣言

北朝鮮の未来ですが、中国の北東県としての事実上の一地域になる、金政権が崩壊して韓国が併合して引き取る、いまのような独立国ではあるが金王朝の継承性もふくめて国家自体が不安定でありかつ周辺に深刻な軍事的不安定性をもたらす、これら三つの可能性ですか。ともあれ一番の由々しい問題は原爆から水爆の開発にまっしぐらに向かっていて、これを止めることが現状では見かけほぼ不可能に見えることです。さらに北朝鮮は日本に対して激しい敵意をむき出しにしており、日本へ核投下などするはずがないとは言えないのです。わたくしの正直な気持ちは中国の一部になってもらっているのが一番安全かなとも思うのです。韓国に併合されるというシナリオはあまりに激しい解決策で、ちょっと危なすぎる。北朝鮮の国家的尊厳をみとめつつも、中国のコントロール下でいて国際レベルでの軍事的暴発を避けるのがいいに決まっています。たぶん米国のまともなストラテジストもみな心ではそうおもっているでしょう。しかし、中国の支配下というシナリオもこのプライドの高い北朝鮮にはいまのところは無理。水爆国家になり周辺国家を睥睨するつもりでしょう。日本はどうつきあうのか、全国民ひとりひとり真剣に考えないといけません。

首相の爆弾発言、支持率が1%になっても絶対やめない、窮極の民意無視宣言でした。これはものすごい発言です。旧ソ連やビルマの独裁者たちもそのような発言はかつてしませんでした。というか聞いたことのない発言です。信じられません。鳩山氏との食事会で言ったらしいのですが、非公式発言とはいえ、こんな発言をほったらしておいていいのか。暴走、独善きわまれりの発言でしょう。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-28 08:54
2010年 11月 27日

鬱という字、海老蔵氏の酒癖と怪我、岡田幹事長の地

鬱という字は難しい。わたくしには書けそうもありません。しかし、最近は社会では使うことが多いので、利用が認められたそうです。海老蔵氏の大怪我事件、けさ仕事の休憩でコーヒーを飲みながらみたテレビ番組でほとんと北朝鮮砲撃と同格かそれ以上の扱いでした。酒乱というか泥酔系の飲み方をするひとたちは怪我をする機会が非常にたかいことはわたくしもわかりますが、でもこれひどい怪我ですし、よほどのこと。ハイヒールの桃子さんじゃないほうリンゴさんですか、この人の司会ででてきた結論は海老蔵氏は人を怒らせる天才というものでした。なるほどわたくしも納得。そういえば、そんな人物学生時代に一人知っていました。どこかの寿司屋だか飲み屋で目の前で出刃包丁を立てられて、慌てて謝り倒してその男を店の外に出した記憶があります。岡田幹事長の独善性の地が出てきました。まず大阪知事の構想を完全に誤っていると批判して、次ぎに名古屋市長を窮極の税金無駄遣いと批判。そんなこといえば、民主党の支持率を下げるかもという配慮は全くないようです。世間的常識ではそこまで断定批判をするのはおかしいというとこでしょう。もっとまともな議論、丁々発止、優れた頭脳のぶつかり合い、激しくともユーモアもペーソスも残る議論をしてくださいな。民主党の政治家のみなさん。われわれ学者さんもそれを目指してやっていますよ。いっぺん聞いてくださいな。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-27 10:25
2010年 11月 26日

今年の紅葉、夜のラボ

ことしは夏ひどく暑くてそのあと低温的だったので紅葉が見事であるとのことです。坂本の家にある紅葉がきれいだな、と思っていたのですが、周辺のお宅の家の紅葉もことしはみな非常にきれいです。それに長持ちしているようです。特別に紅葉狩りなどしませんが、でもここのところ毎日家を出てから駅まできょろきょろしながら楽しんでいます。きょうは格別に忙しくでもまあやるべきことは渋滞もせず無事に夜になりましたが、でも久しぶりにラボに居て、夜なべ仕事をしています。現役時代は夜は9時過ぎまで居たのですが。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-26 18:46
2010年 11月 25日

東浩紀氏の意見、中国の体制、日本は

けさ朝日新聞にでていた東浩紀氏の中国社会についての意見は面白いと思いました。わたくしなども漠然と感じていたことがはっきりした言葉で記されていました。つまり中国には多様な人物とそれを作りうる多様な社会があるということで、それが欧米や日本のようないわゆる民主国家でないのに、可能となっていることを指摘しているわけです。中国人から見れば当たり前のことなのですが、色眼鏡で中国をみるとなかなかそのことが見えてこない。わたくしも今回は一緒だった欧米人と反対党のない中国では実に効率よく物事が決められていて、一方でかなりおどろくほど多様な社会生活や活動が多様な人物によって為されている、これはどういうことなのだとか、議論していました。やはり反対党がなければ過ちがあったときに非常に深刻となる。また反対者を認めない社会体制なので今回のノーベル平和賞のようなことが起きてくると非常に具合が悪い、というか格好がつかない。でもこのダイナミックな中国の様子はなかなかのものである。否定的にばかりみるのは誤りだろう。米国のオバマ政権をみれば多くの米国人が無力感にとらわれつつあるのとは好対照であう。未来を予見するのは不可能ですが、でもいまの中国人と中国の政治体制を見たときに、政治や権力の腐敗は相当あるに違いないが、しかしこのような進歩の道はあるのだろうと言わざるを得ないのだと思います。まあ中国人が決めることですが。それじゃ日本はどうするか。自由に見えて意外に不自由な国柄になってきたので、また弱さと鈍感さが地球内の諸国のなかでもかなり目立って来たので、なにか目がさめるような社会革新が必要に思います。しかし、無理なのでしょうね。どうも最後は悲観論でなさけないのですが。でもインドや中国の後、そんな気持ちになるのは避けられません。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-25 16:25
2010年 11月 24日

中国と北朝鮮の関係

けさはどこも北朝鮮による韓国への砲撃事件を大々的にニュースとして報じていました。千数百の世帯の住む国境の島に砲撃をしてくる仕業はだれが考えても言語道断で韓国軍が直ちに反撃したのも当然でしょう。だれもがいうとおり、中国だけが北朝鮮におおきな影響力をもっているのでしょう。わたくしはなにか発言できるだけの知識はありません。ただ、これまでの個人的な経験では中国人で北朝鮮のことをよくいう人はおりません。しかし,中国人にとって北朝鮮はたいへん重要な国なのでしょう。朝鮮と言うことで北と南の韓国が中国との関係よりはるかに近いとおもいがちですが、歴史地図などをみると高句麗を筆頭として、半島の王朝の中には中国北部と一体化した時代がながいのです。それだけでなく、北朝鮮はある意味中国にとっては、米国にとってのイスラエルのような関係にちかい緊密なものが存在しているような気がします。最初に中国を旅行した時に万里の長城へのバスガイドがなんども北朝鮮を話題にしたのは朝鮮戦争いらいの血で作られた同盟なのですが、一方で困りものでもあることなのでしょう。つまり、動乱を引き起こす国だが関係を切ることは絶対にできない、ということみたいでした。それ以来沢山の中国人のひとたちと北朝鮮を個人的に話題にしましたが、だれもがもっとも頭の痛い問題と思っているようでした。しかしそれぞれが一家言がありました。いまの日本、もっとも頭の痛い問題は沖縄に決まり切っているのですが、真っ正面から論じられるヤマトの人間はほとんどいません。沖縄は長いこと琉球王国だったという事実もヤマト人間は忘れています。今回のこの出来事がもうすぐの沖縄知事選にどう影響するのでしょう。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-24 14:11
2010年 11月 23日

里芋、白菜、体重減ってました、北朝鮮が韓国島を砲撃

里芋が沢山収穫されました。中国でも里芋は食事にでてきました。そういえば、白菜の食べ方など日本とはずいぶん違う味付けでした。やはり日本のほうはさっぱり、という味になるのでしょう。こちらはフライとか炒め物とかが多い。ところで、体重増えているどころか,わずかですが減っていました。ちょっと不思議です。
比良にいって畑などの様子等も見てきましたが,帰宅してテレビをつけたら、北朝鮮軍が国境の韓国の島に砲撃とかいう重大ニュースがありました。原因は不明、理解出来ません。偶発ではなく北朝鮮からの意図的な攻撃と思うべきなのでしょう。でもどう意図的なのか、演習をしていたので、やめろと、するな、という意志表示でしょうか。でも韓国もすぐ砲撃しかえしたというのです。もう軍事衝突になったといっても大げさな表現ではないでしょう。魚雷での韓国船の撃沈につづく事件、どうも北朝鮮は軍事衝突をしたくてうずうずしているように見えます。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-23 16:39
2010年 11月 22日

帰国して、中国の化学公害とスモッグ

いまはるかの中。帰国してブログ読み返しましたが変なことは書いてないし、書いた通りにでています。日本の新聞の1ページ目はたしかに読めますが、その中の記事で見れないのが沢山ありました。記事の内容でなく,分類、よくわかりませんが、twitterのようなものが付いているのはすべて駄目のようです。研究関係のものはすべてすぐ出てくるので、やはりネットウオールは健在のようでした。日本はまだ法務大臣が決着がつかずにイジイジしているようです。決断力がない内閣ですね。だから、有権者の4人のうち一人しか支持してないとのことです。合肥、一番の問題は町中の空気の悪さと、交通マナーの信じられない悪さです。飛行機からみた町はすっぽりとスモッグのようなものにくるまれていました。化学というかすべての化学工業品、水まで含めても中国はまだまだ問題があるような気がしました。日本は水俣病やイタイイタイ病などいろいろ経験していますから。

by yanagidamitsuhiro | 2010-11-22 19:17