生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 20日

STAP細胞の顛末のこれから

STAP細胞論文についての報道や周囲のひとたちの意見などをきいてますと、ノバルティス社の薬剤ディオパンについての論文不正や東大加藤研論文のあたりから顕著になった傾向がますます顕著になってきた感じをもちます。
つまり当該研究者よりも当該研究機関が問題に対応するということです。
この場合の機関は大学のトップというか問題の起きた教室とか研究科でなく大学全体が問題に当たると言うことです。
これが芳しくない効果を生みだしていることは間違いありません。
STAP細胞についての報道はいまやだいたい理研とか早稲田大学の組織から出てくる情報が多くなりました。若山教授の意見などは個人のものとして大変貴重なものとなりつつあります。
組織は人間でなく、人間の集合体の意志ですので、一義的に組織防衛に向かい、真相解明は多くの場合二の次ぎ三のつぎになってしまいます。

STAP細胞は色々な意味でビッグな内容を伴っており、多くの思惑もあり、一筋縄ではいかないかもしれません。シンパシーを持つ側から見れば、本当の話であって欲しい。追試可能となり、多くの研究機関で激しい競争になるくらいのものであって欲しい、と言うところでしょう。シンパシーのない側から見ると、一刻も早く理研は再現性がないという研究者たちに応えて欲しい、というところでしょうか。
論文中にある疑義のあるデータなどは全くたいした問題でないと、機関側が答えているようなので、それをとりあえず信ずることにして、再現性のむずかしさについての理研の声明が待たれるというところでしょうか。
わたくしもついつい理研と書いてしまうのも、いまのこういう問題の場合の対応者が組織になってしまったからで、ついこのあいだまでは、論文著者だったのです。
世の急激な変化を感じざるを得ません。
ですから、これからの顛末は矢面にたつ著者のはずが組織になってしまったので、どうなるのか予測が困難です。

by yanagidamitsuhiro | 2014-02-20 23:37
2014年 02月 14日

ダイオウグソクムシの死を悼む

絶食して6年目に入り話題となった鳥羽水族館(三重県鳥羽市)が飼育する深海生物「ダイオウグソクムシ」の「No.1」が14日、死んだ(産経新聞)。
気にしていたのですがやはり死んでしまいましたか。なにも食べずにまるまる5年、生きていましたがやはり絶食のせいなのか死んでしまったのだそうです。
2,3年前にテレビの番組で飼育のかたが深刻な顔をしてなにも食べないということをめんめんと述懐していたのを思いだします。
水族館にきた当初はもりもりとアジ一匹を食べたそうです。それが平成21年1月ということで、それからなにも食べてないのだそうですから、絶食は5年余にわたるわけです。
驚異の絶食生存記録ではないでしょうか。
当初の食べっぷりがすごかったので、そのうちまた食べるだろうと飼育の人達は思ったようですが、とうとうこの絶食死という最終段階を迎えてしまったのでした。
その死をわたくしも深く悼んでいます。なぜ絶食したのか。死ぬのも顧みずになにも食べないのはよくよくです。
そして、なぜ食べないのか、大きな謎です。
空腹感がないのか。
それとも与えられた食べ物が合わなくてその後は食事拒否になったのか。
一回は食べたのですから、環境がそもそも合わないわけではないのでしょう。
わたくしが知りたいのはその後どんな食べ物をトライしたのか、です。
この生物の知能はまったく分かりませんが、死をかえりみない絶食行為は本当に不思議です。
ハンガーストライキ、という言葉を思いだします。
1キログラムの大きな動物でダンゴムシやフナムシの仲間だそうで、海底に沈んだ動物や魚の死骸を食べることから「深海の掃除屋」ともいわれるそうです。
それがなぜ、こんな長期の絶食行為にでるとは?
絶食の原因がわからないのでは水族館も今後の方針はどうにもならないのでしょう。

by yanagidamitsuhiro | 2014-02-14 23:01
2014年 02月 13日

本当にけなげで、気の毒な高梨沙羅さん

だれか高梨さんを外界とくにマスコミからまもれなかったのか。
律儀で、真面目で、優しくて、微笑むだけの高梨さんのオリンピックでのまったく意外な敗北。
気の毒で言葉が出ない、これがおおかたの国民感情でしょう。

早くも残酷なマスコミは四年後、四年後と言いだしています。
これから4年間、仕事だけで寄ってくるマスコミとの対応ほんとうに可哀相、周囲がなんとかして欲しい。

それに対してスノボーのメダリスト、平野くん、平岡くん、立派でした。15才や18才とは思えない、見事見事としか言いようのない大人の言葉のインタビューでした。
挙げ足取りされないように、徹底的にガードしているのが。ありありと分かりました。
これが最後の質問ですという前置きの質問のあとに平野君が返事をして、質問が平岡君に移ったときの「やった、やった」という平野君のインタビュー中唯一の笑顔、少年らしい笑顔が印象的でした。

それには、前にマスコミ、世間から徹底的に叩かれた国母さんがコーチ役で付いたとかですから、さぞかし、じょうずなアドバイスがあったのでしょう。

次のマスコミの標的となる、人はフィギュアの女子選手のような気がします。それを見る前からいやだな、という予感がします。

もっともっと辛口の事前評判というかほしいですね。
高梨さんでも、オリンピック未経験と若すぎると言う点で、メダルは五分五分、金メダルはかなり難しいというような事前評価あたりが妥当だったのではないでしょうか。辛口なら今回の結果になると。
スケートフィギュアも、もっと辛口の評価が事前にあるべきです。
わたくしのような素人には女子はメダルはかなり厳しいのではないでしょうか。すでにそうなる可能性が高いことはあるので、もっともっと指摘されるべきです。

ひいきのひきたおし、これが一番あとあじが悪いのです。

by yanagidamitsuhiro | 2014-02-13 11:01
2014年 02月 09日

悲願とメダル崇拝、もう日本報道陣いいかげんにしたら

オリンピック始まりましたが、報道のしかたでかくもつまらない感じになるものかと感じています。
報道はテレビなら一分間に最低一回はメダルと言います。
新聞だと、悲願が大書してあって。
悲願がまたまた駄目とか、できないという記事のつくりと、
メダルだけが関心事の報道の姿勢、ここまで日本は極端な報道の世界になったのかと驚くばかり。
というか情けない、と報道態度の劣化にがっかり。

でも選手はけなげにも、報道陣の機嫌をそこねないようにかつ自分の気持ちもはっきりだして。さわやか、楽しかった、でもすみませんとか。
可哀相としか言いようがありません。
スポーツに限らず、報道が国民感情と遊離してきたのは、もうだいぶ前からですが、これから先ははなからあきらめて接するしかないのかなと思っています。
日本という国がバランスを失した国になりつつあって、どうでもいいことに血道をあげるので、それにつられて報道の対象の人物たちも、おかしくなるのがいまの日本のあちこちで起きていることなのでしょう。
これからこんな日々が2週間も続くのかと思うと、うんざりです。
報道界には大御所もご意見番もいないのか?!



by yanagidamitsuhiro | 2014-02-09 10:46
2014年 02月 05日

沖縄の冬の気温と体感

寒波が再びやってきた本土。
沖縄も同様です。
ここで、寒いというのはだいたい15度になると強く感じます。
これに風があると体感温度は震え上がるような寒さとなります。
さらに沖縄にどれだけ住んでいるかが関係します。
ネイティブというか生まれつきの沖縄人が非常に寒いと思う日、本土からの訪問者や住んでからまだ日の浅いよそものはそれほど寒く感じません。暖かさのほうをむしろ感じます。
それが3年を越したくらいから、寒さを感じ出します。
つまり今のわたくしが、それに該当するのです。
温暖な沖縄で冬を越せて大変ありがたい、などというセリフが昨年くらいまでは自然にでていましたが、もう無くなりました。
きょうあたりなどりは決して出ません。と言っても、外気温は16度ですが。
最低気温が13度というのが、来週の月曜、週間天気予報にありました。

by yanagidamitsuhiro | 2014-02-05 22:00