生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 27日

Harvest of chestnuts 栗の実


縄文時代の頃の主食のひとつは栗だったようです。
ことし比良の家の栗の一本が猿に食べられずに、ほぼ無事に妻のおかげで手中に入りました。500個はあってまだまだ木に付いているとか。写真を送って来たのでアップしました。わたくしの体内にある縄文人の血が何となく騒ぎます。


c0075365_21462299.jpg


by yanagidamitsuhiro | 2015-09-27 21:51
2015年 09月 20日

安保法案が通って

安保関連法案も延々参議院でやってましたが、とうとう採決にいたり可決通過したとのことです。なにか感想を書きたかったのですが、反対一色の報道が多くて気分的に書きにくいのでした。

わたくしは20代の後半に男子皆兵の平和中立国家のスイスで住んで以来、日本の平和憲法とはおよそかけ離れた考えをもってしまいました。国防とか軍備とか日本のたいていの人とは感覚がぜんぜん違ってしまって、何をいっても理解されないし、それも当然だろうと思っていました。端的にいえば、男性皆兵はいらないかもしれないが、中学生くらいから、簡単な軍事教練くらいした方がいいなどと、そうでこそ真の平和が自前で持てるはずと思ってました。まあ、誤った考えかもしれませんが、信念などの大半は誤ってるもんでしょうから。
当時、大学院生と話していてついつい君も軍事教練でもやれば実験が格段に上手になれるはず、などと暴言をいってしまって。よくぞ無事に今日まで経歴が保ったものだと思います。
そういう人間の意見ですが、日本はどこかの国にちょっとでも武力でも仕掛けられたら、国が上を下への大騒ぎとなってしまうので、それまでに軍事的なことを真面目に考える人々が増えることが望ましいとおもいます。
いまは安保関連法案、反対一色のように報道されていますが、世界の大勢、とくに米国や中国の日本を見る目を理解したらもっと軍事的なことに関心をもたねば、とおもうひとは増えるでしょう。
でも軍事は出来るだけ手作りのほうがいいはずで、武術をとくに伝統的武術を再興することが最も望ましい。よくいう文武両道の人間の数を増やしていくことが大切でしょう。

わたくしが育った時期は米国の占領支配と重なり日本武術は学校では完全禁止の時代でした。
今の時代、余裕をもって子供達には学んで欲しいと思います。

沖縄では空手はもちろんのこといろんな武術が生まれて、いまでも沖縄に武術を学びに来る外国の人達は大変多いです。

武術で平和思想を養おうといっても沖縄にいれば違和感はまったくありません。

わたくしも20代なかばに、町外れの射撃練習場から自転車にのって肩に銃をぶら下げて帰ってくる市民の姿をみてこんなかたちの平和な光景がありうるのかと感心したものです。いまやそういうものはスイスでもアナクロでしょうが、でも軍事も平和もすぐ手の届く生活の中にあるということを学んだ貴重な経験ではありました。

by yanagidamitsuhiro | 2015-09-20 15:19
2015年 09月 09日

賛成党と反対党

安倍内閣が続くという予想された結果となり、公明党との連立が続くわけですが、このあと安保法制というのですか、この問題で民主党が内閣不信任案を提出するそうで、そうなるとハッキリしない維新の党はどちらになるのかたぶん分裂するということになるのだそうです。

大体日本の政治はわたくしが子供の頃から反対党と賛成党の二種類があって、政権をとるほうがもちろん賛成党で政権にいない野党が反対党ということでした。この歴史は古くわたくしが小学生の頃からそうだったような気がします。
おりおりに賛成党に一部もしくは全部がなった改進党とか右派社会党とか民社党などもありましたが、でもまあ反対党の歴史は古い。
その間に二回くらい反対党が衣替えして政権を取ったことがありましたね。
細川内閣でしたか、それとついこの間の民主党政権でした。いま民主党はあたかも完全な反対党みたいになってしまってそれでいいのか、たいへん疑問におもっています。
細川内閣の後には、反対党で骨の髄まで労働運動従事だったはずだった村山富市氏が突然総理大臣になって河野洋平氏と内閣を作り村山談話を作りました。ざっと20年前でしたか。
おおざっぱいい加減に書いてすみませんが、でも反対者だった村山氏が真骨頂を発揮してある意味賛成者としての役割というか地位を歴史に刻んだことは事実です。
関係者にとってはすごい偉業のはずです。

こんなことを書いて来たのも、わたくしはおおさか維新にはもうほとんど関心がないのですが、でも安倍内閣に対して賛成者になるのか反対者になるのかそれとも別物になるのか、その一点だけは関心があります。
橋下市長は逆村山氏になる可能性を秘めているような気がするのです。

(このことまた改めて書くことになるのかどうかまったくわかりません)

by yanagidamitsuhiro | 2015-09-09 17:49
2015年 09月 07日

自宅のそばでエイサー

エイサーとは、沖縄県と鹿児島県奄美群島でお盆の時期に踊られる伝統芸能とネット記事にあります。
この時期に現世に戻ってくる祖先の霊を送迎するため、若者たちが歌と囃子に合わせ、踊りながら地区の道を練り歩く。また、かつては祝儀を集めて集落や青年会の活動資金とする機能も重視されたと、あります。

昨日はエイサー祭りの最終日なのでしょうか、二軒お隣さんの事業所にも地元冨着の若者達のエイサーがやってきました。大勢で20人くらいいました。こども、小学生もいました。みんな元気に踊って。
たくましい沖縄の若者たちがうたって踊るのを、こんな間近でみるのは珍しい体験でした。

近隣のホテルのほうでも踊りをすませてきてくれたのだそうです。

終わりに踊りもあって誘われたのでついつい踊ってしまいました。
神戸での生田神社以来でした。

c0075365_8154561.jpg


by yanagidamitsuhiro | 2015-09-07 08:17
2015年 09月 02日

三日間の東広島滞在

広島大学のある東広島市に学会参加で出かけました。
前にも2,3回来ているのですが、今回は沖縄から出かけたせいか、随分違った印象を受けました。
わかったことは冬はやたらに寒いらしいです。道路が凍ってつるつるになるくらいで零下5度というのはざらとか。やはり沖縄から行くと冬の話ですが、随分寒そうで異国という印象すら感じます。
いっぽうで大学近辺の豪邸に驚きました。御殿、お城、なんていう言葉が思い浮かびました。
よその地方ではみることができないようなすごい家の作りです。
ところが新幹線の東広島駅内にも隣接地には食べ物やはゼロでした。開発開始後20年間あまり変わらないらしいです。駅から100メートルくらいはなれた場所にコンビニが一軒。それに道路を隔ててパチンコ屋(未確認)が一軒でした。
大学周辺は住宅地としてはしっかりしてしかもきれいなところが多いみたいなので、店が少ないのが、なんだか不思議でした。たぶんどこかにショッピングセンターなんかもあるのでしょう。

学会そのものは高度の内容かつ興味深い発表がたいへん多くて、楽しみかつ有意義でエンジョイしました。若者達の発表も水準が高いです。
でもなんだかえらくアンバランスな感じが強く残ったものです。

by yanagidamitsuhiro | 2015-09-02 16:54