生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 09月 06日

KTさんお手紙ありがとうございます




More

# by yanagidamitsuhiro | 2020-09-06 16:38
2020年 07月 27日

コロナ禍下の世界

最近はツイッターばかりでブログの方はさっぱり書いてません。
書くことがないわけではないのですが、少し時間をかけてブログを書く気持ちになれないのが一番の原因です。
世界の様子を見ると米国大統領選、中国と米国の不仲による外交危機、インドと中国のボーダー危機、不安定なEU,そして何よりもコロナ危機これが今の世界の不安定、不安感、危機感の根底にあることは間違いない。

わたくしも研究を始めてから10年以上もウイルスを研究したので、このコロナウイルスについて色々知識を増やそうとしているのですが、読めば読むほど、調べれば調べるほと、分かったことよりもわからない方が何倍も多いと感じてます。
そももそも感染性を有するウイルス粒子が体内で何日間持続するのか、7日間くらいと聞いてましたが、どうもメディアも専門家も必ずしもそう思ってない。決定的な実験結果がないのでしょうか。
感染された患者さんに強い抗体(ウイルス活性を中和するような)が作られるようではあるのですが、すぐ弱くなると言うような報道もあるし、抗体を用いた研究が紹介されることもあまりない。
ワクチンについては期待が持てる報道はありますが、でもまだ確たるものにはなってない。

今世界中で先陣争い的な研究や開発が行われているのは間違いない。年末までには最初の答えがワクチンについては出そうだと言うことのようです。どこのチームが勝利するのか、それでどのような影響が現れてくるのか、やはり気になることの筆頭なことは確か。
できたら世界中の人が喜ぶようないい結果になるといいのですが。
強力なワクチンが安価で大量に得られるというが世界中の人が望んでいるのですが。
分からないことがわかる前に、まず病気が患者が減るというのがもっとも望ましい結果なのですが。


# by yanagidamitsuhiro | 2020-07-27 21:23
2020年 07月 27日

コロナ禍下の世界

最近はツイッターばかりでブログの方はさっぱり書いてません。
書くことがないわけではないのですが、少し時間をかけてブログを書く気持ちになれないのが一番の原因です。
世界の様子を見ると米国大統領選、中国と米国の不仲による外交危機、インドと中国のボーダー危機、不安定なEU,そして何よりもコロナ危機これが今の世界の不安定、不安感、危機感の根底にあることは間違いない。

わたくしも研究を始めてから10年以上もウイルスを研究したので、このコロナウイルスについて色々知識を増やそうとしているのですが、読めば読むほど、調べれば調べるほと、分かったことよりもわからない方が何倍も多いと感じてます。
そももそも感染性を有するウイルス粒子が体内で何日間持続するのか、7日間くらいと聞いてましたが、どうもメディアも専門家も必ずしもそう思ってない。決定的な実験結果がないのでしょうか。
感染された患者さんに強い抗体(ウイルス活性を中和するような)が作られるようではあるのですが、すぐ弱くなると言うような報道もあるし、抗体を用いた研究が紹介されることもあまりない。
ワクチンについては期待が持てる報道はありますが、でもまだ確たるものにはなってない。

今世界中で先陣争い的な研究や開発が行われているのは間違いない。年末までには最初の答えがワクチンについては出そうだと言うことのようです。どこのチームが勝利するのか、それでどのような影響が現れてくるのか、やはり気になることの筆頭なことは確か。
できたら世界中の人が喜ぶようないい結果になるといいのですが。
強力なワクチンが安価で大量に得られるというが世界中の人が望んでいるのですが。
分からないことがわかる前に、まず病気が患者が減るというのがもっとも望ましい結果なのですが。


# by yanagidamitsuhiro | 2020-07-27 21:23
2020年 01月 05日

今年の心配事

日本の政治はこれからどうなってしまうのか、一番の心配事はこれと、正月に思いました。
国内、国外、心配事はたくさんあるのに、日本社会の中に対応する仕組みや人々がちゃんとあるという感じがしない。
これはもちろん世界の情勢が激しく動いているのに、それに対して日本は?
という疑念からくる心配です。
接するのはお正月ですから、メディアしかないのですが、それらが政治をほとんど全てゴシップの類のようにしてしまっているように感じます。
これじゃ困る。わたくしが感じていることは多くの人々と同じようなものだろう、と思う。
ただ今年が違うのは心配の度合いがこれまでとだいぶ異なる。ほっといても、政治家や官僚やマスコミの人々、それに識者と言われる人々がコンセンサスを作って、問題を一つか二つかせいぜい三つくらいに絞ってくれるのに、今は問題が放散するかほったらかし。
わたくしのような人間ができることはせいぜい周辺の人々と共通話題にすることです。

今年はそんな方向で努力をしましょうか。ひとつの課題は、日本の女性の社会参画、決定事項への参画の度合いを高めることへの努力とこの課題を絶え間なく気にすること、と考えました。と言っても隠居みたいな生活者なので微々たることしかできないでしょう。でも、まず意識の変化を自分自身で起こすことはできるでしょう。



# by yanagidamitsuhiro | 2020-01-05 10:54
2019年 12月 31日

2019年の大晦日に書いています

驚きました、前回の書き込みは今年の6月でした。そんなはずはないと思いたいのですが、前回は6月2日となってました。ほんとかな。
ツイートすると面倒でないので、ついブログはやめてしまう。

今月は新潟県の温泉まで出かけて染色体の会合に参加しました。全く久しぶりです。
懐かしくかつ楽しく、かつ刺激的でした。
沖縄からは、那覇空港から直行便で新潟市まで行けました。ただ午後開始なので会合を最初から参加しようとすると前日出発の必要性がありました。
でも前日の夕方空港着でホテルに着いて周辺をぶらぶらする時間もなく温泉に入り、翌日の発表の準備をしたらちょうど良いくらいでした。
温泉もほんと久しぶり。沖縄にいると温泉のことを忘れてしまう。2020年は温泉に2、3回はいきたい!!
参加者は若い人も年寄りも多くて総勢160人も。信じられない多さです。
これもH先生とS先生のおかげ、感謝です。
染色体ワークショップはわたくしが40才のころに始まったらしい。
歴史の長さに驚くし、こういう活況で今日を迎えているとは!
それに女性の数もすごく増えて。数だけじゃなく内容も強い。
来年は九州開催とか。ここも温泉が近くにあるようです。
今から楽しみにしておきます。


# by yanagidamitsuhiro | 2019-12-31 10:03
2019年 06月 02日

脱皮、その後 そしてフワフワの日本

少し前ですが、脱皮したいと書きました。あまり日も経ってませんが、なんか脱皮しつつあると自分では感じてます。実際、体の3分の1くらいはもう新しいのに変わった感じでして、脳の方はほぼ完全に新しいものになった様な気分です。感覚的にhホントです。
でも信じる人は周辺にいない様ですが、でも当人はそう感じています。
さて、これが事実としてこれから証明できるのか、どうか。ちょっと怪しいかも。

閑話休題。
世界も日本も不安定です。しっかりした不動のものが見当たらないようです。
日本ではフワフワ感が特に蔓延しているのではないでしょうか。
でもそれは社会で起きている「真相」を単に知らないからではないでしょうか。

時代そのものが激しく動いているのに、従来の方式で特別に何も準備もせず、対応もしないで、時を稼いでいると大きな破綻が未来にぱっくり口を開けて待っているのではないでしょうか。
80−50問題として随分長いこと論じられ予想されていた問題が局部的に爆発しているようです。
家庭の中にこれまでしまわれていた、引きこもりの子供達の一部が50歳代になっています。その数はこれからどんどん増えると。
最近、その一人が、ある日の朝突然凶暴な殺人者として子供達が待つバス停に出現して、わずか10数秒の間に二十人近い人たちが殺傷される事件を引き起こしました。世界的なニュースとして扱われるのも当然かもしれません。本人は自らを同じ刃物で自殺したというのですから、言葉が出てこないくらいに暗い事件です。救いはどこかにあるのでしょうか。
わたくしはかつて同級生であった一人が、メディアインタビューにこういうことが起きても全く驚かないという返事をしているのを聞いて、心底から驚愕しました。本当なら真に恐怖です。

官僚のトップである、次官を務めた方が子息を殺したという報道も真相はわかりませんが、根っこで繋がる事件のようにも思えます。体面を一番気にする、元官僚トップが行う犯罪としては感覚的に最も遠いものです。
でも一度起こればこれから類似のことが続々と起きるのかも。



# by yanagidamitsuhiro | 2019-06-02 17:33
2019年 02月 05日

脱皮したい、を行動に移す

前回、脱皮したいと自分の気持ちを書きましたが、その気持ちがだんだん形になって心の中で成長してきています。
よくよく考えてみると、若い時のようになりたいという漠然とした気持ちが強くなると当然のことながら、若い時のことを色々思い出しています。
その時のように今生活するのは不可能に見えますが、でも気持ちだけでもそうすることは可能ではないか、と思い出します。気持ちだけそうなって、脱皮したいという気持ちを行動に移すとなると何ができるのか?
そこのあたりに具体的な行動のプランを考えています。
考えるだけでも楽しいので、計画倒れになるかもしれませんが、それでもいい、今年の終わる頃にはニンマリ笑えるようになりたい、そういう気持ちです。


# by yanagidamitsuhiro | 2019-02-05 10:17
2019年 01月 21日

世界、日本とわたくしの変調

私の近傍では色々なことが起きているのですが、長いことブログを書いてないことに気がつきました。
ツイッターはまだぼちぼち書いているのですが。こちらの方は140字で一区切りなので書きやすい。
しかしブログのほうは少しまとまらないと書けない。
私の場合はのんびりヒマという時間があまりというかほとんど無かったのでしょうか。
ともあれ、何か書かないと思って書き出しています。多分尻切れ蜻蛉で終わると思う。

さて2019年は誰もが大変な年になるだろうと言ってます。
どうしてそういうのか、やはり米国の変調が第一の原因か。
米国が中国を攻め立てた状況が続いて、世界の景気が変調し、米中関係の変調によってあちこちおかしなことが起きてます。
特にカナダなんかは随分とばっちりを受けているようですが。でも一方でカナダは国家として大麻を公認したのでカナダ詣での人たちが増えているとも聞き、これからカナダ発のニュースが増えるのかもしれません。
日本ですが、韓国とはどうも剣呑な関係にどんどんなりつつあるようです。
やめてほしいのですが、やめる気配が見えてきません。
それから、ロシアとの関係、なんか暗いですね。
でも内閣は前のめりのようですが、多くのわが国民は白けているのではないでしょうか。
ただ日露関係に玄人筋の間では安倍首相の打つ手は大変よろしいという、意見を見たり読んだりするので、これについては私はとりあえず玄人筋の意見が本当なのかどうか期待感を少し持って見ています。
問題のブレグジットBrexitですが、どうなるのか関心は深いです。日本などより外交などははるかに巧妙と思っていたあの国がこんな風に混沌化するとは。
なんかティーンエイジャーみたいに。
この辺りの様子が世界の変調という予測の説得度の高さになります。
一方で、九十七歳だかの英国殿下が車を自ら運転して、車が横転する事故を起こしたとか、しかもその数日後にはまたまた運転していたとか。
なるほど変調には、破茶滅茶の重層音が混ざっているのが今の世界の基調なのだなと感じました。

それでこの間、お正月の時に、私の愛するセカンドハウスに行った時も、変調と破茶滅茶の兆候がないかゆっくり丁寧に見回ってきました。
一応兆候はないと思いました。
ただ、長年、隣地の持ち主と思っていた、Xさんが実はそうではない、と新たに聞きそれじゃこの隣地は誰が持っているのか、この15年間一度も地主さんの気配がなかったのに。と訝しく思っています。
わたくしにとっての2019年がどうなるのか。皆目わかりません。予想はありますが、わかりせん。
ただなんとなく、脱皮したいという気持ちが強くなっています。
この年齢で脱皮できるのかどうか、葛飾北斎を師と思って微かにでも見習いたいものです。



# by yanagidamitsuhiro | 2019-01-21 17:07
2018年 10月 07日

台風24号、25号、疲れました

きょうは台風25号も二日ほど前に去って、最後の後遺症も約30分前に解消して身も心も軽くなりました。
最後の後遺症とはなにかといいますと、家庭で入れている光ネットのWIFIが使用できなくなり、また電話(使わないのでダメージはないが)も全然だめ。
24号が我が家の至近距離を通過した29日以降まったく使用不能でしたが、これが復活しました。
こころから、やれやれ、といいたいです。
指折り数えますと、あしかけ9日間もネットについてはダメでした。
住んでいるところがもともとネット環境が悪いので、NTTの光ファイバーにしたのですが、あのキーンと鳴った夜間の風ひどい時に沖縄の広い範囲でファイバーが破損したらしいです。
らしいというのは、沖縄メディアも報道しないし、NTTもつながるのには相当かかるとしか言いませんし。他の業者さんから聞こえてきました。後は想像です。
それでしかたなく、休日もラボにいって、ネットが必要なものをまとめておろしたりして。
困るのはドロップボックスがセイブ出来ないので、パソコンをラボに持って行かないと。携帯のほうはAUですが微弱な電波を拾ってましたので、なんとか家でもメールは読めました。
そんなこんなで、困った9日間、やっと終わりました。
ただ、ラボでは、電気こない、水来ない、店にいってもほとんどものが無い、ので風呂も炊事もろくろく入れないし、出来なかった人達が何人もいました。

どうしてそうなる運の悪い人達とならない人達がいるのか、沖縄七不思議と聞いてます。
わたくしのところはまったく不思議に電気も水もずっと出ました。
非常に珍しい一角のようでした。

ともあれ、沖縄生活というかどうも最近では日本全体が生活自体いろいろ難しい問題が日常的におこることが多いようです。

そういうのは、不思議なのか、当たり前なのか、正直ちゃんと判断出来ません。また、メディアもfakeとかなんとか言ってますが、肝腎な情報を拾って伝えてくれることが極めて稀となりました。
中身の薄いジャパン生活ですね。



# by yanagidamitsuhiro | 2018-10-07 17:59
2018年 09月 02日

さくらももこさんを哀悼します。

さくらももこさんがお亡くなりになりました。
漫画ちびまる子ちゃんの作者です。わたくしも沢山の読者のひとりとして、心から哀悼したいとおもいます。
わたくしは格段に熱心な読者ではなかったのですが、でもちびまる子ちゃんのお顔とアニメで聞こえるまるこちゃんの声は日本の社会に欠かせないもので、まだまだ何十年も作者と共に活躍し生き続けるものと思い込んでいました。
ですから、さくらさんが乳がんでお亡くなりになったという記事を見たときには目を疑ったものでした。
そんな話は聞いてなかった、気配も何もまったくなかった。なにもいわずにあの世に行ってしまうとは。じわじわと一人の読者としての悲しみが、かなり深いものが湧いてきました。ほんとうに残念です。
もうすこし色々なまる子ちゃんのエピソードを通じて作者のことを知りたかったでした。

その後いろんなひとがさくらももこさんやちびまる子ちゃんについて書いたものを読みました。印象的なのはだれかが、あの簡単そうな顔は、さっと描けるのではまったくなくて下書きを丁寧にして描いて、時間をかけてかき最後は下書きを消しゴムで消すというものでした。
そうなのかとつくづくまる子ちゃんの顔を見たものです。

中森さんと言う批評家の言葉に頷きました。
手塚治虫が昭和を代表する漫画家であるなら、さくらさんは平成の時代の精神の最良のものを示し続けたというものす。この方もファンなのでしょうが、おなじファンの一人として同感です。
平成は30年続いてよく失われたという冠がついたり、嬉しくない犯罪などもいろいろありましたが、でも平成の時代は日本人が芸術や学術やスポーツに一心不乱に励んだ時代なのだとわたくしは思っています。
時が経つとこの時代に日本の文化と社会は一斉に花ひらいたと後世認識されるでしょう。アニメ文化や漫画文化ばかりでなく、社会のさまざまのところで花ひらいたのです。
この時代が終わったら哀惜の念をもって思い出されるのが「平成の時代」であるにちがいありません。
元号はやたらに捨てたりしてはいけません。日本人の共通感覚、深さ浅さはあれ、大切な感覚です。

天皇皇后は来年平成の時代の終わりの言葉をわたくしたちに告げるのでしょうが、平成の時代の平和を両陛下と共に日本人は堪能したと思えるのです。
そういうかなりのつらさも伴った平成の時代に、ほんとうに生き生きとしていたちびまる子ちゃん、100年くらいは生きそうだったのに残念ながら次の時代にもはや新作を見ることができません。
とても残念です。
でも、平成の時代のちびまる子ちゃんと形容する必要はなくなりました。これから未来ずっとちびまる子ちゃんを見ると平成の時代を懐かしく思い起こせる存在になるのかもしれません。
サザエさんで戦後日本の時代を思い起こせるように。

ちびまる子ちゃんはアジアで人気の漫画だと聞きます。
彼女の精神風景はアジアの社会でのすぐれたものとして共有されていけるのかとおもうと嬉しいですね。
ちびまる子ちゃんはコスモポリタンのようですが、やはりアジアでは容易に理解される子のようですね。




# by yanagidamitsuhiro | 2018-09-02 15:45
2018年 08月 07日

せかせか論文を書いてます

京大で用事があり、大津の家に戻って週末は過ごしました。比良の家の、銀杏が大木になってあらためて驚きました。Iさんの意見ではこれからすごく太くなるという事でした。どうするか考えないといけません。あの極端にやせこけていた銀杏の木がこうも変身するとは。

ラボのNさんより連絡があり、かれが筆頭著者の論文がJCS誌に速攻ででたとのことです。ともあれ、最後早いのはめでたい。

この論文はセラミドがらみ、膜の構築形成と栄養取り込み問題にどっぷりはまってしまった顛末を記録したものです。長期間沢山の人達がからんでとうとうNさんの献身的努力で公表にたどり着けたものです。わたくしも自らの見方に寄ればアホですが、でも研究テーマには格段の腰の軽さを有するな、と我ながらあらためて思ってしまいました。やらせられる方はたいへんなんだという声が聞こえてきます。
わたくしがなぜそんなセラミドのような遙かに離れた話題の研究を長い期間かけてやるのをラボメンバーにお願いしたのかか、はなせば長くなりすぎてしょうがないのでやめておきます。まあ化粧品の基礎研究というよりは、やらないやらないと言い続けてた脂質の解析、リピドミックスをとうとうしてしまった、告白の記録というか、その経緯を思いおこせる個人的にはかなり感動の作品です。
この遺伝子はcwh43という変哲ないのですが、はやりの言葉でいうとハンパじゃなかったです。
今年はラボから論文を10報ちかくださねばと元旦に誓いをしました。なんとか目的に達せるかちょっときわどい。しかしかなりの野心作も含まれているので、77才翁としては、よくやっていると自らの肩を叩いてやりたいです。


# by yanagidamitsuhiro | 2018-08-07 10:56
2018年 08月 07日

オーム事件についての意見 追記

その後、A新聞で作家のIN氏のかいたオーム事件についての、評論を読む機会がありました。
なぜか非常に失望しました。
この方についてはわたくしはある種のリスペクトがありました。また沖縄にしばらく住んでいたこともあり親しみも持っていました。しかし、残念ながら、わたくしにはこの評論は非常に失望せざるをえない内容でした。
機会があるかどうかわかりませんが、いつか論じて見たいような気がします。
なるほど名のある人達が、ほとんど論じないのはやはり論じたくないのだな、とわかりました。IN氏は人がいいのだなとも思いました。



# by yanagidamitsuhiro | 2018-08-07 10:29
2018年 07月 20日

オーム事件について

オウム真理教の事件の被告たちの死刑執行が行われてから、だいぶ日がたちました。この間、骨太な評論が読めると期待していましたが、今にいたるまで見つかりません。探し方が悪いのかもしれませんが。
戦後のいろいろな事件のなかでも特殊であり、非常に規模の大きな事件を引き起こし、多面というか見える部分が多々あったので、簡単に一刀両断できるようなものではありません。
わたくしなりに整理すると、宗教的な側面を強く持った、一人の教祖のもとに絶対服従の原則のもと集まった集団でした。多数の死者、6000人以上という極めて多数の被害者を生み出しました。東京の地下鉄車内や長野の住宅地などで無差別化学テロを引き起こしました。軍事組織的なテロ集団とみなせる。
日本の法体系では多数の死刑犯を生み出したのも当然でしょう。しかし、殺戮を繰り返したテロ集団とひと言ではいいきれないような、オウム集団の歴史的な変化の推移があった。初期には、その本質が表に出る以前には、テレビのバラエティ番組などにもメンバーがよく出てきたものです。スポークスマンがテレビで延々しゃべり続けていると多数の視聴者がいるという状況もあった。このスポークスマンは自分の属した集団の犯行などは知らなかったのでり、そのために饒舌さが失われなかったのだそうです。
それゆえ、オウム集団は最初のころはそのような凶悪な犯罪集団というイメージでは社会にまったく受けとめられず、社会改良をめざすヨガを行う善意の集団という認識すらあり、そのためにテロ集団になっていく過程の理解に大変時間がかかった。実際に参加者の大半が自らの所属する集団の凶悪化にきづかず、さらには凶悪犯行の共犯役となってもその認識に乏しかった人々もいた。参加者自身はもちろん、社会的の側にも誤解が多々あり、極めて危険なテロ集団という認識にたっするのに思いの他に時間がかかった。
ある時点から軍事的行動をくりかえすテロ集団に社会認識がえられた。一方で、最後のころは何を目的とした集団であったのかわからない存在にもなったようです。裁判などに密着していてないとなかなか全体像の変化をつかむのは難しい。
軍事的組織に近いテロ集団、国家転覆も意図しかねない組織。わたくしは、殆どの参加者が逮捕収監されて以来そのような認識で過ごしてきました。第二のオーム事件がおこる気配もいまのところないようです。

個々の参加メンバーをみると人間的な魅力もあり、また後には激しく後悔し、自責の念を持った人達がいたことも事実。集団に参加さえしなければ有意な市井のひとたちとしてまっとうな人生を送れたはず。このあたりを重視すると、オーム関係者に同情的な感情を持つ人達がいることもたしか。しかし戦後最大のテロ事件、世界でも希有な実行能力をもったテロ事件という認識で見るのが一番まともとわたくしは思う。
集団死刑執行には批判がある。たしかに、あまり気持ちはよくない。
しかし、ここで間違えていけないことは、欧米ではテロ犯については現場での射殺がしばしば行われており、現場での死刑というか処刑が頻繁に行われており。これは、市民を守る為に当然と見なされているようです。
むかし、テルアビブでの空港テロの直後など欧州の空港はどこも軽機関銃を手に持った兵士で満ちていました。
集団テロは軍事行動との理解であり、対応も警察でなく軍事的になるのは当然と。

わたくしは上に述べた自分の素朴な考えが間違っているのではないかとおりおりに感じるのですが、でもいまのところまだ考えを改めるような論考には出会っていません。




# by yanagidamitsuhiro | 2018-07-20 13:33
2018年 06月 23日

6月23日、慰霊の日に考える

きょうは6月23日、沖縄慰霊の日です。
沖縄戦がどれだけ悲惨であったかは住んでみないとなかなかわかりません。また、住んでもなかなかわかるものでもありません。相当な想像力が必要だし、戦争体験者の証言をしることも必要でしょう。
でも長いこと住むと折々の体験から沖縄の戦争はどんなものであったのか段々見えてきます。

今年は読谷村にある戦争末期住民の集団自決の場のひとつだったチリチリガマを少年達が荒らし壊した事件があり、県民に大きな衝撃を与えました。少年達はその場所がどういう場所であるか知らなかったのでした。でもこの事件を契機に若いひとたちも戦争がどういうものであったのか伝わったようでした。

沖縄戦では20万人が亡くなりました。地上戦での死者が非常に多い。逃げまどった住民達が逃げ場を失い銃弾でもしくは自死した経過を考えれば、沖縄での民間戦死者を一瞬でも考えれば厳粛な気持になるのは当然でしょう。
住民の4人に一人が亡くなったと聞きます。
民間人を白兵戦の中に放置して多数を死に至らしめたことを考えれば、日本の軍事組織の犯した歴史上の大罪としていつまでも記憶されていかざるを得ないのでしょう。
沖縄への慰霊に心を砕いた昭和天皇が、ついに沖縄慰霊の旅に出られなかったのも致し方ないと思うのです。
平成天皇と皇后はとくに沖縄慰霊に心を砕きました。それでも天皇制があるかぎり、昭和の時代の天皇制下の日本がどうしてあのような国を作ってしまったのか、二つの原爆の投下と沖縄戦とともに日本の歴史が続く限り常に反芻する必要があるのでしょう。
わたくしも沖縄に住んだおかげで、明治以降の日本の国としての軌跡を沖縄からの視点でも考える事が出来てより深く理解したいとい気持が強まりました。
今月は石垣から西表に行く機会があって、西表の島でも明治の頃に大変動があったことを知りました。

わたくしは沖縄では当初、縄文時代以前の歴史に関心がありましてそちらのほうにばかり関心がありましたが年を経るにしたがいいろんな事がつながってきて、沖縄全史とでもいえるような関心に拡がってきました。

同時にこれだけ長いこと沖縄で生きて来たいじょうお礼の気持がなにかはっきりしたかたちにできないか、と最近は考えるようになりました。







# by yanagidamitsuhiro | 2018-06-23 13:03
2018年 06月 08日

北朝鮮にいつの日か。石垣島再訪。

一ヶ月もの長きにわたって何も書いてないとは。日々あくせくと忙しいというよりは特に書きたいことがこの間無かったのでした。

北朝鮮のことがよく脳裏をかすめます。近くなのに一度も行ったことがないので、一度はぜひ訪問したいと感じてました。
でも、わたくしにその機会があるのだろうか。いまの日朝の関係では遠い日々の話なのでしょうか。としたら残念です。
韓国にいっても、近くて遠い国、それでからか感慨が深いです。
中国と比べると、韓国は静かな国というのが第一印象。それから日本とよく似てるなという印象も。韓国の町をあるいていると、いろいろ似てるのが印象で、字がハングルという事を忘れそうです。

北朝鮮は、どうなのでしょう。もちろん社会主義、軍国的なところもあるし、生活レベルの苦しさもあるでしょう。大きな違いが沢山あるでしょう。
しかし大きな違いよりは庶民の考えることは近いのかもしれない。

日本は北朝鮮を長期にわたって植民地支配した。深い影響があったにちがいありません。申し訳ない。
もちろん日本に対する反発も批判もあるでしょう。しかし、隣国なので行ってみて、科学者とも話して見たい。気持ちや考えが通じるところはあるに違いありません。
なぜか、いちど行ってみたい、と最近はおりおりに強く思うのです。

そういえばあした石垣島に行きます。研究室のAOさんの結婚披露宴です。
これで二度目、石垣にはなんの縁戚もないのに、訪問するのが懐かしい感じがするのはなぜでしょうか。
前回は、石垣島と竹富島に行って、西表はいけませんでしたが今回は行けます。楽しみです。台風も避けてくれました。ラッキーです。

前回の石垣島は白保の海岸にたってなぜか自分の先祖はこの海岸から来たにちがいないという、不思議な強い感覚が湧きました。
あのような感覚は日本中他の何処でも感じたことはありません。
西表島から何かを感じるだろうかと、ちょっと期待があります。



# by yanagidamitsuhiro | 2018-06-08 17:21
2018年 05月 06日

たとえ、日本の科学技術の競争力が低下しても、変わらないものが

若手を対象のアンケートで8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答した、との日経記事を読みました。不安定な雇用や予算の制約で短期的な成果を求められることを疑問視する声が目立った。科学技術の土台が揺らいでいるとまとめています。
問題はそれでどうしたらいいのかです。残念ながら、現場でみていると、すぐ意見が分かれてしまう。問題意識は共通なのに、対策をどうするかで一緒になれない。

まず科学技術の競争力が低下したか、どうかです。競争力は実際にはまだまだあるが、しかし個人個人が十分に発揮する環境にいない。競争力をフルに発揮できる状況になってない。
そういう状態が長く続いている。それで、多くの研究者の不満が高まっている。
不満の高まりは非常なものであるが、行き場がないので、表からみると静かに見えるかもしれない。
しかし俯瞰的にみればおそろしいほどの損失がいまの日本で進行中であると、いう実感を持っています。
あの人も、この人も、そしてこの人も今が一番のいい時期なのに、将来の希望の代わりに、来年の雇用がなくなるのではないか、路頭に迷うのではないか、という強い不安に苛まされている。
なんでこんなことになったのか、これまで日本の科学技術の現場を常に調査して、これからどうなるという、客観的なマクロな予想を立てる能力が非常に脆弱と、いわざるを得ないのです。
いま起きていることはどういうことか。
客観的にみて、大学院で博士をとろうとする日本人の若者がどんどん減っている。そうならば大変な危機と思いたいが、どこの誰がそうおもうべきか、大学にいる教員の多くの実感であるが、それが産業界や国のレベルでの危機感につながってない。
なんとかなるという楽観的な考えがいまだ強いのかもしれない。

日本の大学はもう随分前からトップダウンになってきて、学長の権限は驚くほど強いと言われています。しかし、この日本の科学技術の土台が揺らいでいるという事実を最重要項目として徹底的に検証する作業はどこかでやっているのか?
残念ながらあまり希望の持てるニュースは聞こえてきません。
若者に聞かれたら、なんとかなるという楽観的な人生観を持っていたら、才能より情熱が大切、ダメで元々くらいの気持があったら、研究の世界にいらっしゃいと、いまのわたくしに言えるのはそれくらいです。
ただ最近わたくしは役に立つ研究もやりだして、特許とかそういうものにもはまり込んでしまっています。ですから、そういう実利的なものもたいへん面白いし、運がよければ大金持ちか資本家になれる(!)とすらいってみたいです。
研究のおもしろさは昔も今もなにも変わっていないのです。そこをわかってほしい。
つまらなくしているのはその時代の人間のせいだと。
特に指導者がつまらなければ、世の中はどんどんつまらなくなる。
しかし、かれらがいつまでものさ張っているわけでない。時代は変わる。
若い人達も、参加すれば至上の楽しさが味わえるかも、といいたいです。
でもダメなときは自分でけじめをつけましょうね。
この点はホントに昔も今もかわらない。





# by yanagidamitsuhiro | 2018-05-06 11:51
2018年 04月 30日

アマリリス、ことしは立派

先生、ブログどうしたのですか、とあちこちでいわれます。書く頻度が低すぎるということです。
日中はたらきながら、こんな事書こうかとおもっても晩ご飯を食べた後に、まだ書きたいと思うことは稀になってしまって。
きょうのはアマリリスです。開花期は終わったのですが、今年は一本ひょろっと出ただけで、残念とおもっていましたが。なんと2本目も出てきて(手前)、一本目が一つ花が綺麗に咲いてこれ以上は望まなくてもおもっていましたら、次々に咲きだして、結局大きな花が九つも咲きました。長いこと楽しませてもらいました。
見事というか、肥料も意識してはあげないのに、なんと素晴らしいと心から感心しました。
その後ですが、2,3日後のあさマイマイカタツムリが茎にとりついているのに気がつきました。
よく見ると茎をむさぼっています。美味しいらしいです。
色を見てもいかにも美味にみえました。

アマリリス、ことしは立派_c0075365_12491417.jpg
アマリリス、ことしは立派_c0075365_13014517.jpg



# by yanagidamitsuhiro | 2018-04-30 13:04
2018年 04月 07日

太閤桜




太閤桜_c0075365_08225258.jpg




# by yanagidamitsuhiro | 2018-04-07 08:08