生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 27日

百才以上の高齢者の実数、コンクリートから人へ

きょうみたたかじんの委員会で最後に知ったのが一番考えさせられる情報でした。
日本の百才以上の高齢者は約4万人なんだそうですが、このうち確実に人物が同定されているのは半数の2万人なんだそうです。役所は残りの2万人については書類上はあるのですが、本当のところは分からないのだそうです。
高齢者の年金をあてにして、死亡しても役所に届けないケースがどんどん増えているのだそうです。
にわかに2万人の大半がよもや身代わりとも思えないのですが、百才以上の高齢者のお子さんはもう80才くらいにはなっているし、顔だって似ているかもしれないので、死亡届が出てなければ年金はそのまま払い続けられるとかです。だから、これからは150才という高齢の人も出てくるかもしれないという話でした。

女性の高齢者で極貧のかたが増えているという、つらいけれども本当そうな話もありました。

コンクリートから人へ、という民主党の政策はだんだん浸透しつつあるみたいで、テレビ局もとりあえずは民主党の政策を理解するのが重要ということになったみたいで、自民党の議員を呼んで時間を半々にしてやりあうなどという番組作りはどんどん減っているようです。前原大臣、ダム、JAL問題の対応、説明がさっそうとして、こういう役回りはかなりうってつけなのだ、ということが分かりました。

あしたから沖縄なので、きょうは比良の家のほうで、急ピッチで畑仕事です。
ことしも去年と同じく食べきれないくらいですが、今年は一つ宅急便で送るファミリーが増えたので、あまり困りません。

by yanagidamitsuhiro | 2009-09-27 16:46


<< JAL便で沖縄へ、世の中が変わ...      JALとANA、日本の空のゆくえ >>