生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 21日

北朝鮮の魚雷による韓国艇の沈没、愛宕山と吉田山、堀川高校

韓国政府が哨戒艇が沈んだのは、北朝鮮の潜水艦から出た魚雷によると断定したとのことです。真実なのでしょう。
でも、どうして?何のために。
この疑問だれもが思うでしょう。
わたくしは大阪の橋下知事が北朝鮮政府はまあ暴力団みたいなものだという、セリフを聞いたときにこのひとはずいぶん庶民的に真実らしきことを言える人と感心した記憶があります。そういう面がこの政府にあることは同意します。それを元にして考えると、説明出来そうな気がします。
つまり、いまの韓国大統領李明博イミョンバクさんをなんとか困らせよう人気を下げさせる、あわよくば失脚させようという行為ではないか、そんな風に思ってしまいます。戦争すれすれの瀬戸際の事件ですから。
韓国大統領は実力も能力もあるし人柄もよさそうに見えるし、そのうえオバマ大統領にも好かれている気配ですから、強烈な対抗心を李明博氏に北朝鮮政府が持ってなんら不思議はない、とおもいました。まったくの個人的憶測ですが、そういうことを言ったりしているのをまだ見てないので書いておきます。中国政府は、まあまあ冷静にと言ってるようですが。内心は北朝鮮のはね上がり行為に激怒しているというのが外国も国内もどの新聞も書いてることです。

けさのバス、10人くらいの女性たちが京大正門前でおりました。聞くともなくはなしを聞いていると、やはり愛宕山がいいなんて周りにいわれるけどあれはたいへんよね、吉田山のほうがずっといいし、主人もいきたそうにしていたのよ。
愛宕山と吉田山を登るのを比較すると、愛宕山が怒りそうですが、でも70代から80代にかけてのご婦人連げんきですね。10分ほどで登ってしまってそのあと今日この晴天の下で一日どうすごるのだろう、と人ごとながら思いました。

きょうは金曜で午後4時から来客あり。午後6時からも来客あり、こちらは京都の有名な進学校の堀川高校の先生達です。うちひとりがかつてのラボメンバーだった藤田君です。
藤田君の学生の時の写真がこのあいだ本棚整理していたら出てきました。これを見せるといやがるかな。

そういうことでそれまでは一生懸命はたらかないといけません。

by yanagidamitsuhiro | 2010-05-21 12:27


<< いつまでも続くはずがない      サルコペニア症(加齢性筋肉減弱... >>