生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 30日

引き分けだけれども、上にいけない負け

地殻変動は起きませんでした。でもじわじわとこの試合の素晴らしい効果はでるでしょう。日本と世界のトップのサッカーに、それほどの差は無いように見えたでしょう。それどころか。
もちろんそう思ってから本当に追いつき追い越すのに時間がかかるのでしょうが。多くの少年たちはこの試合をみて世界に雄飛する自分を夢見るでしょう。あこがれの選手たちもはっきりしたでしょう。
引き分けなんだけれども、上の試合にいくチームを決めるためにPK戦をする。
その結果の敗北なので、引き分け、でももう上には行けない。この結果に気持ち折り合いつけるのは大変なのでしょう。
試合後の選手、そして監督のひとことひとことにしびれるような実感がありました。
松井が言ったように、恥じることはないので上を向いて日本に帰りたい、よい言葉でした。
いっぽうで、2時間以上聞いた、テレビ放映でのアナウンサーと解説者のことばにただのいちども感心したものはありませんでした。

by yanagidamitsuhiro | 2010-06-30 12:24


<< 東京の男性たち、日本人が国の外...      今晩、昨夜、それにコンボケーシ... >>