生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 30日

アマリリス、ことしは立派

先生、ブログどうしたのですか、とあちこちでいわれます。書く頻度が低すぎるということです。
日中はたらきながら、こんな事書こうかとおもっても晩ご飯を食べた後に、まだ書きたいと思うことは稀になってしまって。
きょうのはアマリリスです。開花期は終わったのですが、今年は一本ひょろっと出ただけで、残念とおもっていましたが。なんと2本目も出てきて(手前)、一本目が一つ花が綺麗に咲いてこれ以上は望まなくてもおもっていましたら、次々に咲きだして、結局大きな花が九つも咲きました。長いこと楽しませてもらいました。
見事というか、肥料も意識してはあげないのに、なんと素晴らしいと心から感心しました。
その後ですが、2,3日後のあさマイマイカタツムリが茎にとりついているのに気がつきました。
よく見ると茎をむさぼっています。美味しいらしいです。
色を見てもいかにも美味にみえました。

c0075365_12491417.jpg
c0075365_13014517.jpg



by yanagidamitsuhiro | 2018-04-30 13:04


<< たとえ、日本の科学技術の競争力...      太閤桜 >>