生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 21日

うつらうつら、体重は、帰心矢のごとし、参議院選

ヘルシンキから関空まで9時間を切ることがあるそうです。ひと眠りをすればもう半分の行程はすんでいるので、やはりかなり近いかんじでした。到着するとやはり暑い。27度でしたが、まだ朝の9時前で日中は30度を超したので温度の違いがだいぶこたえました。
きょうは自宅に昼前に戻りましたが、休息日にしました。
いすに座ってしばらくするとうつらうつらが始まりました。眠いのと疲れとどちらが主体かわかりませんが、なんどもうつらうつらしました。
一日早めに帰らなければ、自宅に二人ほど来てもらっていろいろ議論する予定でしたので、やはり早く帰ってきて休憩するのは良かったと、おもいました。

体重は1キロ増、でした。あれほど一生懸命食べたのにとガッカリです。予想ではもうすこし増えているはずだったのですが。

帰心矢のごとし、で帰国したらと、あれこれ考えだすと、その一部がかならず畑の中をそよそよと抜ける風とそよぐ葉を思い浮かべるものです。あれはどうなっている、などと想像するものでした。昼飯後に比良のほうに来ましたが、やはり想像は都合のよいことばかりで、雑草の多さに圧倒されました。それに日中はあまり暑いので夕方になってから草取りをしたので、比良名物のぶとに刺されてしまいました。かゆいこと痒いこと。詩心もどこかに消えてしまいました。

まとめて新聞をみて気がついたのは、参議院選どうも年金ショックで自民党は負けるというか、安倍内閣の支持率が非常に下がっているというのが、参議院選の結果に出ると、まるで確定的にいわれていることでした。
支持率が35%でそれがもろに選挙結果に出ると、そういうことですが、でも本当にそうなるのか、そうだとすると安倍首相はなぜなにもしないで手をこまねいているのか、不思議です。

by yanagidamitsuhiro | 2007-06-21 21:44


<< 鹿肉談義、万死に値する、元公務員      一日早めて帰国、0君のこと、日... >>