生きるすべ IKIRU-SUBE 柳田充弘ブログ

mitsuhiro.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 06月 23日

6月23日、慰霊の日に考える

きょうは6月23日、沖縄慰霊の日です。
沖縄戦がどれだけ悲惨であったかは住んでみないとなかなかわかりません。また、住んでもなかなかわかるものでもありません。相当な想像力が必要だし、戦争体験者の証言をしることも必要でしょう。
でも長いこと住むと折々の体験から沖縄の戦争はどんなものであったのか段々見えてきます。

今年は読谷村にある戦争末期住民の集団自決の場のひとつだったチリチリガマを少年達が荒らし壊した事件があり、県民に大きな衝撃を与えました。少年達はその場所がどういう場所であるか知らなかったのでした。でもこの事件を契機に若いひとたちも戦争がどういうものであったのか伝わったようでした。

沖縄戦では20万人が亡くなりました。地上戦での死者が非常に多い。逃げまどった住民達が逃げ場を失い銃弾でもしくは自死した経過を考えれば、沖縄での民間戦死者を一瞬でも考えれば厳粛な気持になるのは当然でしょう。
住民の4人に一人が亡くなったと聞きます。
民間人を白兵戦の中に放置して多数を死に至らしめたことを考えれば、日本の軍事組織の犯した歴史上の大罪としていつまでも記憶されていかざるを得ないのでしょう。
沖縄への慰霊に心を砕いた昭和天皇が、ついに沖縄慰霊の旅に出られなかったのも致し方ないと思うのです。
平成天皇と皇后はとくに沖縄慰霊に心を砕きました。それでも天皇制があるかぎり、昭和の時代の天皇制下の日本がどうしてあのような国を作ってしまったのか、二つの原爆の投下と沖縄戦とともに日本の歴史が続く限り常に反芻する必要があるのでしょう。
わたくしも沖縄に住んだおかげで、明治以降の日本の国としての軌跡を沖縄からの視点でも考える事が出来てより深く理解したいとい気持が強まりました。
今月は石垣から西表に行く機会があって、西表の島でも明治の頃に大変動があったことを知りました。

わたくしは沖縄では当初、縄文時代以前の歴史に関心がありましてそちらのほうにばかり関心がありましたが年を経るにしたがいいろんな事がつながってきて、沖縄全史とでもいえるような関心に拡がってきました。

同時にこれだけ長いこと沖縄で生きて来たいじょうお礼の気持がなにかはっきりしたかたちにできないか、と最近は考えるようになりました。







by yanagidamitsuhiro | 2018-06-23 13:03
2018年 06月 08日

北朝鮮にいつの日か。石垣島再訪。

一ヶ月もの長きにわたって何も書いてないとは。日々あくせくと忙しいというよりは特に書きたいことがこの間無かったのでした。

北朝鮮のことがよく脳裏をかすめます。近くなのに一度も行ったことがないので、一度はぜひ訪問したいと感じてました。
でも、わたくしにその機会があるのだろうか。いまの日朝の関係では遠い日々の話なのでしょうか。としたら残念です。
韓国にいっても、近くて遠い国、それでからか感慨が深いです。
中国と比べると、韓国は静かな国というのが第一印象。それから日本とよく似てるなという印象も。韓国の町をあるいていると、いろいろ似てるのが印象で、字がハングルという事を忘れそうです。

北朝鮮は、どうなのでしょう。もちろん社会主義、軍国的なところもあるし、生活レベルの苦しさもあるでしょう。大きな違いが沢山あるでしょう。
しかし大きな違いよりは庶民の考えることは近いのかもしれない。

日本は北朝鮮を長期にわたって植民地支配した。深い影響があったにちがいありません。申し訳ない。
もちろん日本に対する反発も批判もあるでしょう。しかし、隣国なので行ってみて、科学者とも話して見たい。気持ちや考えが通じるところはあるに違いありません。
なぜか、いちど行ってみたい、と最近はおりおりに強く思うのです。

そういえばあした石垣島に行きます。研究室のAOさんの結婚披露宴です。
これで二度目、石垣にはなんの縁戚もないのに、訪問するのが懐かしい感じがするのはなぜでしょうか。
前回は、石垣島と竹富島に行って、西表はいけませんでしたが今回は行けます。楽しみです。台風も避けてくれました。ラッキーです。

前回の石垣島は白保の海岸にたってなぜか自分の先祖はこの海岸から来たにちがいないという、不思議な強い感覚が湧きました。
あのような感覚は日本中他の何処でも感じたことはありません。
西表島から何かを感じるだろうかと、ちょっと期待があります。



by yanagidamitsuhiro | 2018-06-08 17:21